アースカレッジ メニューMenu

Earth College

Earth College

陰陽法則とは

この物質界は、陰陽のバランスのなかで成り立っています。日が昇っては沈むように、春夏秋冬が一年を彩るように、命が誕生し、そしていつか必ず死を迎えるように、常に勝者と敗者が存在するように…。

喜びが存在するのは、苦しみや孤独が存在するからです。成功を収めたときに自分を誇らしく思える人は、繰り返し挫折を味わっても諦めなかった人です。親や社会を憎み、誰のことも信じられない時代があった人ほど、誰かを心から愛することができたとき、真の悦びに浸ることができるものです。こうしてポジティブとネガティブは、互いを支え合っています。

また、振り子が左右対称に振れるように、ネガティブを十分に感じたり表現したりできない人は、当然、ポジティブを十分に味わうこともできません。これは、不動の法則です。

ですが、人はこの自然の摂理を理解することができず、物事を善悪や優劣といった価値基準に基づいて捉えようとします。その結果、抑圧を繰り返し、カルマにまみれた思考パターンを蔓延らせ、自己否定や他者批判を繰り広げるのです。ここに、あらゆるカルマの元凶が存在します。

この善悪や優劣といったジャッジを超越した領域で、「在るものを在るもの」として受け入れていくプロセスこそが、愛の体現者として確立されていく道程でもあるのです。
また、陰陽法則をマスターするということは、真理をマスターするということであり、それはイコール、宇宙の法則をマスターするということでもあります。

そして、陰陽法則をマスターしていくプロセスとは、陰陽統合を果たしていくプロセスに同等です。陰陽が統合された在り方とは、完全なる愛が確立された状態でもあります。 愛は、怒りと優しさを結合させ、憎しみと許容を共存させます。愛は、貧しさのなかに豊かさを生みだし、絶望のなかに希望の光を灯します。愛は、常に厳しくも寛容に、この世界に存在するすべてを包み込んでいるのです。
つまり、愛こそが、陰と陽、ネガティブとポジティブが共存することを可能にする、唯一のエッセンスなのです。

アースカレッジ・プログラムEarth College Program

  • 個人セッション
  • 各種セミナー
  • 自己探求コース
  • リーダー養成コース
  • イベント情報
  • ブログ
  • 料金体系
  • 代表挨拶